FC2ブログ
dj_top
http://babyd0ll.blog109.fc2.com/
sen
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.23(Wed)
続きです。
=============================================================

3日目、11月20日の日曜日。ギルドショー最終日。
早起きして、荷物をまとめチェックアウトの準備をしながら
身支度を整えます。

7:00すぎ、ホテルのバイキングへ。
この朝食は宿泊プランの中にいつも含まれています。
ご飯の和食系&パンの洋食系の簡単な朝食を
ホテルの12階で眺めを楽しめます。
今年はお隣の出展者さんがちょうどいらっしゃたので
2人で朝ごはんを食べました。
搬入日と初日はけっこう忙しく隣といえども
なかなかゆっくり話せないので、いい機会でした。

それからすぐホテルを後にし、8:30頃に会場入り。
最終日の朝は作家陣のお買い物タイムとなっています。
私も早速、各ブースめぐりです。
初日でメインの作品は売れてしまうので商品少な目ですが、
それでも十分楽しめます。
各ブースでほしかった物を譲っていただき、
一番最後に今年の一番のお目当てのMさんのブースへ。
Mさんは外国でたくさんの素敵なミニチュアを仕入れてくる業者さんで
今回はちょうどタイミングが良かったようで
テーブル上には2日目だというのに所狭しとミニチュアが溢れていました。
人気の業者さんなので、片っ端から商品が売れていきますが
その空いたスペースにまた次から次にミニチュアを出してきて並べています。
もう魔法の玩具箱のよう!
私も一度では物色しきれず、何回か足を運んでお宝数点ゲットしてきました。

そういえば、まだミニドール作り始めの頃。
「いつか出展できるようになったら、たくさん玩具箱のように
所狭しと色とりどりのミニドールを並べ、
お客様に思う存分お買い物を楽しんで欲しい」と思い描いていたのを
思い出しました。
この日のMさんのブースはまさにそんな玩具箱のような
夢のあるスペースでした。
自分もこういうふうにできないのか・・・ちょっと考えてみようと思います。

Mさんのところでゲットしたお宝で
特に気に入っている2点を紹介。

ワシントンかどっかの有名なミニチュアミュージアムが閉館する時の
セールで仕入れてきたビンテージのオールビスクの女の子。

2011jnggfd.jpg

某有名ミニチュアドール作家さんの20年ほど前のビスクヘッド。

2011llkjus.jpg

その作家さんの「20年ほど前」って40歳くらいだったそうなのですが、
ミニチュア作家の一番目が利く時期が40~50歳くらいだそうです。
もちろん50歳をすぎて視力が落ちても
その頃には熟練した技を取得しているので大丈夫なのだそうですが
単純に「目が利く」のはやはり40~50歳。
その後は色が薄く見えるようになるらしく、
絵付けも濃い目になる傾向があるような気がする・・・と
貴重なお話を聞かせて頂きました。
私ももうすぐその時期に突入するので
「私の寿命はあと10年!!!!!」と言い聞かせ
とにかく死ぬほど頑張ろうと心に誓いました。

作家さんのお許しが出たので、こちらも紹介。
刺繍キットです。

2011ggyhfd.jpg

べびぃ工房のバイブル本「人形の家」を読んで以来、いつか自分で刺繍を刺し、
その前に自作の小さなお人形を飾りたいと憧れ続けていました。
以前、外国のキットを購入したのですが説明書が英語でさっぱり解読できず。
他にキットはなさそうだし、もう自分で刺繍を刺すなんて
無理かもと半ば諦めていましたが近所のブースで発見!!!!!
ご本人作のキットで、もちろん日本語。
お針も糸も全部ついてます、素晴らしい!!!!
完成したらこちらで画像upしますね。(これも許可頂き済みです。)

初日までは何かと慌しく、作家さんとゆっくりお喋りする暇がないので
ちょっと余裕が出来るこの最終日はお喋りにも花が咲きます。
同じミニチュアビスクドール作家の二ツ橋さんと情報交換し、
次に一緒に出展する二年後のギルドまでにあるタイプのミニチュアドールを作って
見せあいっこしようと約束したり、
N先生からミニチュア世界においての人形の解説していただいたり。
こうして最終日もあっというまにすぎていきます。

そうそう!
ずっとお会いしてみたかったミニチュアドール作家のKさんにも
お会いすることが出来ました。まるで妖精のようなお方!

いつもうちでブライスさんの撮影をするじいじさんも
もういらっしゃらないのかと思っていたら2日目にご来場。
最近は違うドールさんにハマッてるそう。

そんなこんなで気がつけばもう16:00、ギルドショー閉場。
最後までたくさんのお客様がいらっしゃいました。

それからは怒涛の搬出作業です。
私は飛行機の時間があるので遅くとも17:00すぎには会場を後にします。
どこにも寄り道せずモノレールで空港まで。
空港に着いたらお土産を購入し、
入り口ゲート付近でオニギリ専門店のオニギリで軽めの夕食をすませ
そのまま時間まで待機です。

19:00には空の上にいます。
最後に飛行機を誘導する人が手を振って一礼してくれるのですが
それに手を振り返して、私の東京出張は終わります。

今回も得た物はお買い物した作品や商品だけではなく、
皆様から貴重なお話や情報、そしてやる気を沢山頂いてきました。
それらは今後、特に次の大阪ギルドで生かしていけたらいいなと思います。

以上、2011年度ギルドショーのレポートでした 
スポンサーサイト
Trackback(0) 
Category:レポート 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2011 ミニチュアドール専門べびぃ工房, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。